西郊民俗談話会 

本文へジャンプ
HOME


★ 西郊民俗談話会 HPのURLのリダイレクトについて 2023.9.27

旧URL http://seikouminzoku.sakura.ne.jp にアクセス」すると、本日から
新URL http://seikouminzoku.net に自動的に移行(リダイレクト)します。


★ 2023.3.19 会誌『西郊民俗』PDF掲載を始めました。

バックナンバーのページの該当号の「PDF」をクリックすると、表示されます。
第258号から始め、(刊行の1年後に)順次掲載します。 いうまでもなく、著作権は執筆者に帰属します。個人の研究目的の範囲でご利用ください。


*******************************************
★ 4月15日以降に会費を入金された方へ 2023.4.25

最近、郵便振替にて会費を納入いただきましたが、 お名前が非記載、ご住所非通知で、
納入くださった方が確認できない例があり、困惑しております。 なによりせっかくご入金いただいた会費が宙に浮いてしまいます。
お心当たりの方は、お手数ですが、ご本人と特定するため、
@振替日(必須)、A入金額(必須)、B送金方法(必須。払込票か電信か)、C通信欄の記入内容(ご記憶の範囲で) などの情報とともに、榎本あてにお知らせいただけると幸いです。
なお、お手元の振替用紙にご住所お名前が記載されている方の場合は支障ありません。

*******************************************

談話会について(ご案内)
令和6年 2024年3月25日に変更

毎月第3日曜日午後に談話会を行っております。
参加ご希望の方はお申し込みください。会場等をお知らせいたします。
事前に発表者と発表内容を決めず、当日の参加者のうちの希望者が発表しています。
情報交換や相談の場としても利用されています。
ただし、発表人数に応じて、発表時間を調整させていただきます。

・申込
メール: 会誌『西郊民俗』末尾に記載の連絡係のメールアドレスにお送りください。
 メールの場合、本人確認のために、お名前とともにご住所もお尋ねすることがあります。
郵便: 会誌『西郊民俗』末尾に記載の連絡係の住所あてにお送りください。

・期日 各月 第3日曜日
・時間 14時〜17時00分
・会場 東京都内 貸会議室
  例:JR飯田橋駅近く。今後、変更の可能性もあります。
・内容 希望者による報告、質疑
・参加費 人数に応じて、500〜1000円程度の会場費を徴収します。


●最近の談話会
第847回 令和6年6月16日 於:飯田橋
若狭の晴明伝承 小池淳一
祓と上巳、端午、七夕 史 乃■(■=王へんに探の右側)
福井県の「小鍛冶」伝承とその周辺 林 京子
劉卜子『暦略註〈こよみしなん〉』をめぐる諸問題 馬場真理子
埼玉・東京の蛇 榎本直樹

第846回 令和6年5月19日 於:飯田橋
近世における暦注の位相と様態―一枚刷り大雑書から― 小池淳一
『頭書長暦』にみる貞享改暦前後の暦注認識 馬場真理子
白子観音寺の出開帳資料 林 京子
日本における中国起源行事の研究方法論試論 史 乃■(■=王へんに探の右側)
川越喜多院白井太夫の碑 金井塚正道
日記に見る穀物脱穀と「おし」呼称1 榎本直樹

第845回 令和6年4月21日 於:飯田橋
七夕先行研究の整理 史 乃■(■=王へんに探の右側)
蚊よけのやぐら 増田公寧
クマオウジの資料 小池淳一
福島県只見町のヤマサキ(猟師統領・山神祭祀者)の狩猟巻物と山中使用覚書 久野俊彦
岩船山の孫太郎尊拝殿内の奉納物調査概報 林 京子
東松山市上岡観音の絵馬市の近況 榎本直樹

第844回 令和6年3月17日
只見龍蔵院旧蔵『拾塵雑記』の「猿麿太夫事」 小池淳一
福井県福井市「一乗谷安波賀春日社参詣図」と子狐丸 林 京子
柳宗悦における「下手もの」(雑器)と「民具」への言及―「民藝」「民具」成立期の共通と相違― 久野俊彦
東光寺成就院安産薬師(東京都日野市)の安産御符補遺 畠山 豊
水天宮の御符 金井塚正道
錯綜するカマジメ 榎本直樹

第843回 令和6年2月18日
端午の節供の先行研究の整理 史 乃■(■=王へんに探の右側)
書物の所持と移動―地域における蔵書に着目して― 小池淳一
「おす」用具としての臼と杵 榎本直樹
信濃町の今昔(二) 大島建彦

第842回 令和6年1月21日
孫太郎の探索 四ーまたまた孫太郎天狗に連れ回される 林 京子
上巳の節供の先行研究の整理 史 乃■(■=王へんに探の右側)
「龍伏」の展開 馬場真理子
浅草寺の牛王加持 金井塚正道
陰陽道・暦展示の実践と課題―「陰陽師」展を終えて― 小池淳一
関東における正月の食物・供物としての吸物と雑煮 榎本直樹
信濃町の今昔 大島建彦



 

西郊民俗談話会へようこそ!

私たち西郊民俗談話会は、民俗学に関心を持つ有志の集まりです。
日本の伝統行事や祭り、習俗習慣、衣食住、民間信仰、昔話や伝説などを、調べて勉強しています。
研究成果をまとめた会誌『西郊民俗』を、年4回発行しています。
研究発表の場である月例談話会は、毎月開催されています。
私たちの活動には、どなたでもまったく自由に参加できます。
あなたも私たちの仲間になりませんか? お待ちしています。

 

リンク集

HP企画


 
  ← HP連載

「江戸東京歳時記をたずねて」長沢利明

2022年3月号 第12回 品川の千躰荒神祭
2022年3月号 第11回 府中高安寺の涅槃会
2021年1月号 第10回 東京の季節市とボロ市
2018年1月号 第9回 多摩市山王下のセーノカミ祭り
2017年12月号 第8回 関のボロ市
2017年11月号 第7回 湯島聖堂の神農祭
2017年10月号 第6回 木場の角乗り
2017年9月号 第5回 重陽の節供と菊
2017年8月号 第4回 府中の八朔相撲祭
2017年7月号 第3回 江戸の七夕
2017年6月号 第2回 南品川の天王祭り
2017年5月号 第1回 鯉のぼりの今昔

「環境民俗学ノート」長沢利明

2022年3月号 第11回 多摩川のアユ漁
2022年2月号 第10回 多摩川中流域の漁業
2017年5月号 第9回 竹の花と笹の鉄砲
2013年6月号 第8回 種子島の聖地と森の信仰
2011年5月号 第7回 山の神としてのオオカミ
2011年4月号 第6回 カキを育てる森林
2011年3月号 第5回 干潟の海と江戸の食文化
2011年2月号 第4回 東京湾の干潟環境と漁撈
2011年1月号 第3回 マユダマの樹とツツジの花見
2010年12月号 第2回 武蔵野の雑木林と里山環境
2010年11月号 第1回 照葉樹林と屋敷林

「民俗学の散歩道」 長沢利明
2021年9月号 第28回 咳の爺婆
2021年8月号 第27回 錐の神様
2018年8月号 第26回 吉田松陰の墓
2018年2月号 第25回 日光感精神話と元三大師

2017年5月号 第24回 力神の神像
2015年8月号 第23回 東京の魚藍観音
2015年7月号 第22回 国定忠治の伝承
2014年12月号 第21回 東京のダイダラボッチ
2014年11月号 第20回 寺社への納め鷄
2013年8月号 第19回 
甲府盆地の子育て石
2013年7月号 第18回 種子島の瀬風呂・岩穴風呂
2013年3月号 第17回 鎌足稲荷と神狐の里帰り
2013年2月号 第16回 鏡石・鏡岩の伝承

2013年1月号 第15回 元三大師とダルマ市・おみくじ
2012年12月号 第14回 角大師と豆大師
2012年11月号 第13回 神武天皇とアユ
2010年10月号 第12回 葬送施設としての四十九院
2010年9月号 第11回
土製の小祠

2010年8月号 第10回 鬼鎮神社と鬼の金棒
2010年7月号 第9回
 敵味方の供養
2010年6月号 第8回 焙烙と擂鉢のまじない
2010年5月号 第7回 ソバ食い地蔵
2010年4月号 第6回 七十五膳の神饌
2010年3月号 第5回 太神楽と曲芸師
2010年2月号 第4回 片葉の葦

2010年1月号 第3回
 
争いの樹
2009年12月号 第2回 大学キャンパスに祀られた神々
2009年11月号 第1回 歌よみの国
  ←  HP投稿 随時更新
2009年11月号 全国の藤森稲荷伏見稲荷の異称を名のる地方の稲荷と社名由来伝承
 
HPについての通信欄(お問い合わせフォーム)は、当分の間、休止させていただきます。

なお、会員の方の、会務についてのご連絡は、従来どおり、直接、会誌記載の連絡先にお願いします。
本ページは、西郊民俗談話会の有志による会の関連・支援サイトです。会の活動を紹介するとともに、HP独自の情報も発信してまいります。


現在の時刻は